FC2ブログ

売り子の食事

支配と服従。絶対的支配権を行使する主人と、服従するしか生きる術のない子飼いと。そういう立場があたりまえに存在する架空世界のお話です。飼われる人間と飼う人間との愛憎劇をお楽しみください。そして、時々は泣いてね。行き場を失った僕らの魂のために。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ブログランキング




店にいた頃、僕らが食べさせてもらってた食事は結構いいものだったらしいです。
といっても素材が、という意味で。
それらはちゃんと調理されていて見た目にもおいしそうでした。



でも




味付けが全くされてなかった(泣)

それはそれでおいしいと思うようになるものなんだけど
店に入ったばかりの頃はそのあまりの薄味に(というか味がないんだけど)
残してしまったりもしてた。
でも残しても代わりのご飯は絶対に出てこないし。
あまりいつも残してると無理やりにでも食べさせられるし。
それはちょっと苦しかったし。
場合によっては反抗とみなされて罰を与えられるし。
おいしくないと思っても嫌いなものがでても
水で飲み流すようにして残さず食べるようになってった。
それは僕だけじゃなくてだいたいみんな同じ感じで。

実は店側にはちゃんと意図があって
僕らは砂糖や塩・・・ワサビやコショウやカラシとかまで
調味料は全て料理とは別に与えられてた。これってわかるかなぁ。
本当ならその日の料理に使うはずだった調味料をご飯とは別に与えられるの。
1日のトータルで言えば栄養学的にはちゃんとなってるんだよね。
ただおいしくないだけで(泣)
(砂糖とか甘いものの時には僕らは喜んでなめた。
 しょっぱいものも結構喜んでなめてたと思う。
 辛いものとか苦いものとかすっぱいものとかは水で飲み流すとかしてた)

これは後で知ったんだけど
僕らにおいしい思いをさせないためっていうのじゃなくて
(もしかしたら「主人の与えるものがおいしい」って
思わせるためもあったのかもって今思いついたけど)
僕らに食材や調味料の素材それだけの味を教え込むためだったんだって。

頭でわかることじゃないから、習慣的に舌に教え込むために。
それはいずれ、主人に仕えるようになったときに
毒見役として役に立てるようになるってこと。
そういう能力を身につけられるように訓練されていたってこと。


そんなわけで店の食事がそんな風だったから
トオルさんとこで出される食事は
初期の本当に毎日が辛くて仕方なかった頃のものでさえ
とてつもなくおいしく感じられてた。



FC2ブログランキング



この記事へのコメント
ひきつづき関係ない話の食べ物関連。
「男色の民俗学」(礫川全次)の資料集に載ってた
伊藤晴雨(明治生まれの責め絵画家)の対談。
--------------
伊藤:むかし三越が越後屋の時分ですね。(略)
   店員がおかまを掘ってはいけない。(略)
比企(司会): ははあ。
伊藤: 川柳にありますなア。「若い者、旦那のかまを二度かりる」
   どうせ前髪立ちの小僧ですね。旦那が先に可愛がっちゃうのですよ。
   若い者が一遍借りてよかったからもう一遍借りたというわけです。
   それで性欲を抑えることができない。 
   そのために精進日というものを拵(こしら)えているのです。
   去勢するためかどうかわからないけれども、
   精進日というものがありますね。
比企: ははあ。
伊藤:その日に限ってお魚を付けない。(略)
比企: その精進日と性欲の関係は……。
伊藤:どういう関係があるかというと、その日だけ精進させる。
    つまり性欲が少なくなる。
比企: はあ。
伊藤:そういうことから来たものと私は思っています。
    つまりなるべく不味(まず)いものを食わして去勢さして、
    そして性欲を抑圧する、という。
    これはまあ初めてお話するんですがね。
    取敢ず思いつきましたのがそれです。
    如何にして去勢するかを考えた ということは言えるんですね。
  ---------------(引用終わり)------

ブログを読んだ後に、この対談を読んだんで、
関係ないけど印象に残ったわけで。
精進料理は、やはり、味ないよなぁ。
高野山で宿坊に泊まった時食べた精進料理は
ある程度、味ついてましたけどね。
昔の坊主は、ほとんど味のない精進料理で
性欲を抑える努力したのかも、と思ったりしました。

(こういう話は
あっちでは没にするネタなんでこちらで)
2010/03/05(金) 18:29 | URL | no #mQop/nM.[ 編集]
毒味役、とはそうとう上流の「設定」ですね。
伝統的に云うと藩主クラスという感じですか。
関係ないけど、
木村拓哉が毒味役の部署の下級武士で、
食に当たって盲目になるという映画をテレビで後半だけ見ました。

まぁ、今の一般的な食事は
「調味料」を味わってるようなもんですね。


2010/02/27(土) 07:41 | URL | no #mQop/nM.[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://petnokimoti.blog80.fc2.com/tb.php/226-08c534c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。