FC2ブログ

僕が失ったもの

支配と服従。絶対的支配権を行使する主人と、服従するしか生きる術のない子飼いと。そういう立場があたりまえに存在する架空世界のお話です。飼われる人間と飼う人間との愛憎劇をお楽しみください。そして、時々は泣いてね。行き場を失った僕らの魂のために。

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ブログランキング



僕が失ったもの。

時間。
健康。
それから味覚。


僕味覚だけは優れてるって言われてたんだよね。
それは子供の頃から。
僕の味覚と嗅覚は飛びぬけてるって
よく驚かれたり褒められたりしてた。

大人になってから、本職のブレンダーさんに
うちで働かないかって言われたことがあるくらい。

だからいつか、もし自由に働くことを許してもらえたら
それか、トオルさんのとこにいられなくなって
働かなきゃいけなくなったとしたら
そういう資格とって働きたいって夢想してたり。
ほんとに夢みたいなもんだったけど。



でもそれを失ってしまったんだ(悲)
厳密に言えばトオルさんのせいってわけじゃないけど。
でもあの頃の生活がやっぱり僕の体を壊したんだと思うんだよ。
肉体的な処罰がどうこうっていうのじゃなくて。
使われた薬とかストレスの蓄積とか・・・
そんなのが変に作用しあって免疫力が落ちてしまって。
トオルさんが僕をもういいやって思ってくれたのはそのおかげだとは思うけど。
ていうか僕そう思われたかったのかどうかもよくわかんないんだけど。

とにかく落ちた免疫が唾液の量を減らしちゃって。
唾液を出せなくなった僕の味覚は、あっという間に壊れた。
だって舌が干からびたみたいにガサガサでザラザラなんだもん。
今、僕は味がほんとにわずかしかわからない。
それはやっぱり
ちょっと悔しい。
僕の数少ない人に自慢できる能力だったんだけどなぁ。。。


FC2ブログランキング






この記事へのコメント
心も体も休めて、しっかり治療受けたら、、、
その味覚の鋭さも戻るかな?
戻ると良いなぁ。
2010/02/18(木) 06:42 | URL | なよ #3SDog/2w[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://petnokimoti.blog80.fc2.com/tb.php/225-2155847b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。