FC2ブログ

2007年の読書履歴(随時追加編集)

支配と服従。絶対的支配権を行使する主人と、服従するしか生きる術のない子飼いと。そういう立場があたりまえに存在する架空世界のお話です。飼われる人間と飼う人間との愛憎劇をお楽しみください。そして、時々は泣いてね。行き場を失った僕らの魂のために。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2ブログランキング


今年何冊読めるだろう?
別に数を競うわけじゃないけどたくさん読めるといいな。
読むたびに知ってることが増えてくのが嬉しいんだ。
僕ものをあまり知らないのでお薦めの本とかあったら教えてください。
と言ってもいつ読めるかわかったものじゃないですけど(笑)
--------------------------------------------
01 「娼年」           石田衣良
02 「YES・YES・YES 」    比留間久夫
03「十五少年漂流記」     ジュール・ヴェルヌ
04「海底二万里」       ジュール・ヴェルヌ

 ルース・スタイルス・ガネット
05「エルマーのぼうけん」   
06「エルマーとりゅう」 
07「エルマーと16ぴきのりゅう」

ジュール・ヴェルヌ
08「気球に乗って五週間」 
09「二年間の休暇」

J.K.ローリング
10 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」上巻
11 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」下巻

ミヒャエル・エンデ
12 「モモ」

トニー・ブザン
13 「勉強が楽しくなるノート術」
14 「ザ・マインドマップ」
15 「頭の取り扱い説明書」

読みかけて途中で断念
「国家の品格」
「ダ・ヴィンチ・コード」上中下
「ITと呼ばれた子」
----------------------------------------------
読書候補メモ

「卒業」重松清
「野菊の墓」
「バカの壁」
「すいかの匂い」江國香織
「たとえ記憶からこぼれおちるとしても」
「とるにたらないものもの」
「変身」東野圭吾
「聖なる黒夜」柴田よしき
「長安異神伝」井上祐美子 全7巻
「ミニヤコンカ奇跡の生還」松田宏也
エロール・ル・カイン作品(絵本)
「終末のフール」伊坂幸太郎


「五分後の世界」(戦争モノ)
「孤島の鬼」(ミステリー系)
「魍魎の匣」ミステリー
「木島日記(」オカルト系)
乙一(作者の名前です。オツイチと読みます)の作品全て(ホラー寄り)


絶対こんなに読めない(笑)
けど気長にいきます。何年かかるかな~。

2006年の読書履歴


この記事へのコメント
しょうさん、大人の世界はわけわかんない内緒さん、
1/26(金) 13:28の内緒さん
嘘を承知で楽しむこともあれば、嘘と思いつつ本当だった時のために
真面目にコメントをと考える人もいるでしょうし
嘘だということを嘘だと思う人もいるでしょう。
中には嘘だとしても嘘をつく理由が何かあるのだろうと考える人もいます。
いずれの場合のコメントも僕はありがたく頂戴しています。
大人の世界はというより
僕にとっては人間の世界はわけわかんないだったりします(笑)
----------------
しょうさん
買うのはちょっとためらっちゃうんですけど
機会があったら読んでみたいとは思ってます。
都合よく立ち読みできるような機会に恵まれるといいんですけどね。
十二国記面白いですね。
ただ続きを探していて見つからなくて1巻2巻という数字じゃないので
苦労してます。泰の国の続きが知りたいんですがタイトルご存知ですか?
2007/01/30(火) 01:08 | URL | リョウ #JnoDGgPo[ 編集]
そっか~
漫画は無理かぁああ、残念だな。。
漫画も良いものは良いと思うんだけどねぇ・・・。
小説と漫画って大して変わらないと思うんだけどねぇ・・・。

十二国記は私も好き。児童書もすごく面白いよね。
2007/01/26(金) 19:45 | URL | しょう #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/26(金) 13:28 | | #[ 編集]
豚ちゃん
こうやって並べて書くといかにもたくさん読んだみたいだけど
実は中身はお子様向け本が多かったりするんですよ(照)
------------------
しょうさん
ムムムムどれも知らない本ばかりです。
何やら難しそうな気配もありますけど・・・読書候補に追加です。
読めるのがいつになるかわかったもんじゃないんですけどね。
で、せっかくだけど僕漫画は読めないかも。
トオルさん本は買ってくれるし読むの許してくれるんですけど
漫画は許してもらえそうにないし図書館にも置いてないので
漫画はもっぱらたまたま縁があって立ち読みできたり
借りれた時に読んでたりするんです。
-------------------
トンさん
東野圭吾ってよく見る名前ですよねぇ。
僕タイトルだけ見てるんですけど中身読んだことないんです。
お薦めならそれもいつか読んでみます。候補に追加して。
-------------------
1/23(火) 23:55の内緒さん
僕子供の頃にあまり読んでないんでトータルしたらきっと少ないですよ。
僕好きなのは学校生活とか家族生活出てくるやつです。
自分の知らない世界覗いてる感じでバーチャル体験。
挙げてくれてる中では真田太平記しか読んだことないですね。
SFや歴史物も好きですよ。ただし難しくなければですが(笑)
去年僕が読んだ中ではクラウドコレクターと十二国記シリーズがお気に入り。
その次がメニム一家シリーズかなぁ。子供っぽくて呆れられそうですけどね。
-----------------
01/24(水) 01:34の内緒さん
ああ、それ僕ですよ。なんてことはありえないので安心してください(笑)
全然不快ではないですが少し心配してます。
あなたの年頃の女性はとても騙しやすいし(多分僕でも騙せます)
あなたがそういう話を信じ込んでいった場合再会した時が怖いです。
例えば“主人の許しがない”という大義名分の下にその彼の身元が
全然明らかになっていかないのにあなたがそれを信じて深く付き合ってしまう。
そのうち“困ったことになった助けてくれ”と持ちかけられる。
他に頼る術のなさげな彼に同情してしかも秘密話なので他へ
相談することもできず協力してあげてしまう・・が実は利用されていた、とかね。

あなたがその人から何を聞いたか詳細が分からないけれど
酒の席で酔った行きずりの男が作り話を語ったということも充分ありえます。
ていうか普通はそうですよね。僕みたいな立場の人そうそういません。
それは同じ立場の人と話がしたくてこうやってずっと探してても
未だにそれが叶わないことを見てもわかると思う。
で、そういう立場の人なら直接出会った人に詳しく話しちゃうなんて
ありえない。僕がこうやって公開しちゃってるのは匿名性があっていつでも
『これはフィクションです』って言えるからで対面じゃないからです。

ただ、酔った勢いで精神状態によっては僕だってぶちまけることは
あるかもしれません。だからその彼が嘘を言っていると
断定することは僕にはできません。ただ上で書いたような
こともあるから充分に用心深くなってた方が安全だと思います。
それとここまで書いておいてなんですが
僕の書く話だって話半分に、眉唾ものとして読むべきです。
僕の書くことが全て本当なんて限りません。僕は結構嘘つきです。
動揺してる状態で何かを信じたり疑ったりするとろくなことがないです。
まず落ち着いてくださいね。そして作り話や詐欺の可能性も
あるってことをいつでも頭の片隅に置いておいてください。
--------------------------
リリさん
ライオンの足跡のtoshiさんは結構すごいですよね。
あの難しげな読書履歴。僕ほとんど知らない本でした(汗)
鬱病患っちゃうと本って読めなくなるそうです。
でもブログ訪問してコメント残せるってことは
ある程度回復してるんだと思います。すごい悪化してる時は
文字もわからないし一行も読めないそうですから。
焦らずしたいことしつつ気長に行けたらいいなって思います。
因みに図書館の“児童コーナー”僕大好きです(笑)
2007/01/26(金) 00:01 | URL | リョウ #JnoDGgPo[ 編集]
「らいおんの足跡」さんで偉いなぁーって思って居たけど、リョウ君も読書家だね!
私も前は趣味が読書だったのにな…
根気が無くなった…本読まなく成ってしまった…。
ダメね…まだまだリョウ君は吸収して行く時だから、色々読んで好きなジャンルとか探すと良いよね~
図書館の児童文学とかも楽しい本が有るよ!
2007/01/24(水) 10:27 | URL | リリ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/24(水) 01:34 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/23(火) 23:55 | | #[ 編集]
東野圭吾の「変身」はいい本だと思うよ。
2007/01/23(火) 23:40 | URL | トン #-[ 編集]
オススメ本は

<小説> 長安異神伝(井上祐美子・中央文庫) 全7巻
  時は唐。長安の都にブラリとやって来た青年-実は天聖次郎神君。物騒な事件の果てには、天界・地獄界を巻き込んでの大騒動が勃発。世界観・ストーリーともに秀逸な、もっとシリーズがあればいいのにと思わせる作品。

<ノンフィクション> ミニヤコンカ奇跡の生還(松田宏也・山と渓谷社)
  登山家の奇跡の生還記録。遠くで聞くエベレストなど高山への登山の裏で、どんなドラマが展開されているのか、どんなに過酷なものなのかを垣間見ることが出来る衝撃的な1冊。生死について考えさせられる。

<絵本> エロール・ル・カイン作品(ぽるぷ出版)
  とにかく絵が美しい!幻想的!

<漫画> 拝み屋横丁顛末記(宮本福助・一迅社)
  何故か惹かれるものがあって買ったら、とても笑えた嬉しい1冊。登場人物達に絶妙に面白い会話をさせるこの作者はスゴイ。

上記は2005-2006年に読んだ本のベスト、、、かな。気が向いたら調べてみてね☆
2007/01/23(火) 22:54 | URL | しょう #-[ 編集]
リョウくんすごい。私は読書苦手だから、尊敬しちゃったぁ!
2007/01/23(火) 22:47 | URL | 豚ちゃん #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://petnokimoti.blog80.fc2.com/tb.php/123-d3191fae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。